inomady

未経験からいきなりフリーランスのコーダーになるのを僕が絶対にオススメしない理由

僕はもともと、独学でHTML・CSSのコーディングを勉強した後にフリーランスとしていくつか案件をこなし、その後Web制作会社に就職しました。

今はそのWeb制作会社も辞めて独立し、再度フリーランスとして働いています。

この記事では、そんな僕が未経験からいきなりフリーランスのWebコーダーになることをオススメしない理由を書きます。

1人でコーディングをしているだけでは学習効率が悪い

一番大きな理由は、1人でコーディングをしているだけでは学習効率が悪いということ。

僕もかつて、未経験からでも頑張れば独学でフリーランスになるのに十分なスキルを習得できるだろうと思っていました。

しかし、Web制作会社で働いてみてその考えがいかに甘かったかを思い知りました。

最初は独学よりも会社で働いたほうがスキルアップのスピードが速い

独学で勉強をしているだけでは、スキルアップのスピードが鈍化してしまうと僕は思います。

もちろん、コーディングの基礎ぐらいは最初に自分で学ぶべきですが、実務レベルでばりばり通用するスキルまで持っていくには会社で働くのが近道です

なぜなら、会社であれば普段の勉強にプラスして先輩コーダーにアドバイスを貰ったり、勉強会などで理解を深めていくことができるから。

また、何より自分で営業をする必要がなく案件を継続的に任せてもらえるため、いきなりフリーランスになる場合と比較してこなせるコーディング量が圧倒的に多くなります

最初はとにかく多くのコーディング案件をこなすことがスキルアップに直結するので、Web制作会社で働くのが圧倒的に有利です。

そもそもWeb制作とはチームでやるもの

そもそもWeb制作とはチームでやる仕事です。

例えば、

  • ディレクター
  • デザイナー
  • コーダー
  • バックエンドエンジニア

といったように、チームでうまく連携して仕事をこなすことが、より良い成果物の納品に繋がります

上記の中に、自分の仕事さえ終わらせればあとはどうでもいい、という考えで雑に仕事をしたりする人がいると案件が炎上しやすくなります。

チームの中でコーダーは、デザイナーから上がってきたデザインをもとにコーディングをし、さらに案件によってはコーディングデータをバックエンドエンジニアに引き継ぐ、という流れで仕事をすることになります。

その過程でデザイナー、バックエンドエンジニアと多くのコミュニケーションが必要になり、

  • デザイナーの意図を汲んだコーディング
  • バックエンドエンジニアとの連携(バックエンドエンジニアが引き継ぎやすいコードを書く)

などといったことが必要になります。

これらのスキルは、メンバーと密にコミュニケーションを取れる状況、つまり会社で働いていたほうが習得が速いのは間違いないと思います。

仕事を取れても継続受注に繋がらない可能性が高い

未経験のコーダーでもクラウドソーシングなどで案件に応募しまくればたまに仕事を受注することはできます。

そして、独学で学んだスキルを生かしてコーディングをし、成果物を納品することもできるでしょう。

しかし、おそらくその成果物の質はクライアントが求めている質に達していない可能性が高く、報酬を支払ってもらえたとしても継続して次も任せてもらえる可能性は低いと思われます。

フリーランスの場合、お客さんからはプロのコーダーとして見られるので、たとえ未経験で成果物のコードや仕事の進め方に抜けがあったとしても、それをわざわざ指摘してくれるお客さんは稀です。

報酬は支払うが、次からはもう頼まない、といったスタンスが普通でしょう。

一方で、会社員の場合は自分が書いたソースコードを社内の先輩コーダーが都度チェックしてくれ、よくない箇所を指摘してもらえます。

自分の出来ていない点に気がつかないままお客さんが離れていく未経験フリーランサーと、素早くミスを把握してスキルアップに繋げることができる会社員では圧倒的な差がつくと思います。

単価の高い仕事を取るのが難しい

未経験からいきなりフリーランスのWebコーダーになると、単価の高い仕事を継続的に取るのは至難の業です

単価の低い仕事を取るのも難しいのに、単価の高い案件を簡単に取れるわけがありません。

コネや実績無しでの営業は結構きつい

実績もなければコネもないのが実務未経験のフリーランサーです。

クラウドソーシングで単価を気にせず片っ端からコーディング案件に応募しまくり、なんとか、50案件に1つとかの割合で格安の案件を受注できたり、まぐれで単価の高い案件を受注できても継続には繋がらずそれっきり、などといった状態になるのは目に見えています。

僕もそうでした。

コネや実績無しで仕事を取るのは正直かなりきついです。

コネがあれば営業をしなくても仕事が入ってきたりする

逆にコネがあれば、営業をしなくても単価の高い案件を依頼されることはよくあります。

僕の場合、Web制作会社で1年弱コーダーとして働いていたため、フリーランスになった今でも当時共に働いていたデザイナーさんやディレクターさんなどと繋がっています。

そして、フリーランスとしてバリバリ働いている彼らから単価の高い仕事が回ってくることがよくあります。

そのうち1人のデザイナーさんなんて、フリーランス歴3年ほどですが営業なんてしたことがなく、知人のコネで入ってくる単価の高い仕事で忙しすぎる毎日だそう。

極端な例かもしれませんが、フリーランスとしていいスタートを切るにはコネが必要不可欠だと思います。

コネで案件を紹介してもらいながら生活に必要な収入を確保しつつ、自分でも新規のクライアントを獲得していく、ぐらいのスタンスでないと、心身共に疲弊しますし、コーダーではなく営業が本職みたいになってしまいます。

Web制作会社でしっかりと真面目に働けば結果的にWeb制作界隈でのコネができるので、いざ独立してフリーランスになっても安定して仕事を取っていくことができます。

まとめ:フリーランスのコーダーになりたいなら、まずはWeb制作会社で真面目に働こう

いろいろ書きましたが、僕自身、「未経験から会社員を挟まずいきなりフリーランスになってしまいたい」という方の気持ちはすごくわかります。

実際に僕も未経験からいきなりフリーランスにトライしたぐらいですから。

しかし、解説したように未経験であればまずは会社に入って経験を積むことを強くオススメします。

また、「未経験でも独学ですぐにフリーランスになれる!」などと謳っているブロガーやインフルエンサーの方々もいますが、あまり鵜呑みにしすぎないようにしましょう。

彼らがそう謳っているのは、「はやくフリーランスになって自由に働きたい」という夢を持つ未経験者にとって、

「未経験者は一旦会社に入りましょう」という夢のないコンテンツよりも、

「未経験でも独学ですぐにフリーランスになれます!」というコンテンツの方が刺さるからではないかと思います。

将来フリーランスとして安定して仕事を取りながら自由に生活していくためにも、まずはWeb制作会社などで真面目に働くことを僕はオススメします。