リモートワーカーである僕が仕事に集中するために取り組んでいること

2019.10.8

以前、下の記事でも書きましたが、僕が感じるリモートワークの唯一のデメリットは、ときたま仕事に集中できずだらだらしてしまうという点。

1年以上継続して僕が感じた、リモートワークのメリット・デメリット

この記事では、リモートワーカーである僕が仕事に集中するために取り組んでいることをまとめてみたいと思います。

リモートワークや在宅ワークでなかなか仕事が手につかず悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

自分が集中しやすい場所を選ぶ

僕にとって、働く場所は非常に重要です

詳しくは以下の記事で書いていますが、仕事により集中するために僕がたどり着いた場所は、家から徒歩5分圏内のコワーキングスペース

僕がたどり着いた最適解:リモート・ノマドワーカーが働く場所について

  • 周りの視線による適度な緊張感がある
  • みんな作業目的で来ているのでうるさくない

などといった理由から、僕にとってコワーキングスペースが最も集中できる場所です。

人によっては、

  • 自宅で黙々と作業をしたい
  • 多少の雑音のあるカフェのほうがいい

など、好みはあるかと思いますが、色々試してみて一番生産性の上がる場所を選択することが大事です

ノルマの稼働時間を決める

1日6時間など、ノルマの稼働時間を決めたことで、僕の仕事の生産性は格段にアップしました。

時間ではなくタスク単位でノルマを設定するのもありだと思います。

以前の僕は、特に予定がない日は食事とシャワーの時間を除いて1日中仕事をするようにしていましたが、疲れもあり、途中から1日の稼働時間をきっかり6時間に決め、夜は趣味や勉強に当てるようにしたのです。

すると不思議なことに、1日中働いていた頃よりも、ノルマの6時間だけ働くようになってからの方がアウトプットの量が増えました

僕が思うに、1日中働く場合はいくらでも時間があると思い無意識にだらだらしてしまいますが、ノルマ時間を決めて夜には趣味など楽しみを設ける場合、

  • 短時間のうちにタスクを終わらせなくてはという程よいプレッシャーがかかる
  • 趣味に充てる時間を増やすために早く6時間を消化させようというモチベーションが湧く

など、より集中する方向に意識が向くのでしょう。

作業時間を計測する

ノルマ時間の設定に加え、タイマーなどで作業時間を計測することもオススメです。

ざっくり何時から何時まで仕事をする、と決めただけでも僕の生産性は上がりましたが、タイマーで時間を計測するようになってからはさらに生産性が上がりました

時間計測をすることで、タイマーが動いている間は作業を止めてはいけない、という圧が生まれるため、作業密度が濃くなります。

次の日にやるタスクを前日のうちに決めておく

最後に、意外と重要なのが、次の日にこなすタスクを前日、もしくはその日の最初に決めておく、ということ。

特に1〜2時間で終わる細かいタスクがたまっている時などにはオススメです。

なぜなら、タスクを完了する度に、

  • 次はどのタスクを片付けるべきか
  • 最も優先順位の高いタスクはどれだろう

などと考えていると、それだけで脳のリソースを消耗し、疲れてしまうから。

可能であれば、1日の最後に明日やるタスクをリストアップしておくといいと思います。

最後に:モチベーションや自制心には頼りすぎないほうがいい

個人的には、リモートワークで仕事に集中するために、モチベーションや自制心というものにはあまり頼りすぎないほうがいいと思っています。

もちろん、あるに越したことはありません。

しかし、モチベーションとか自制心って、その時の体調とか仕事内容とかでけっこう変動するものだと思うので、それに頼っているとガタッと集中できなくなることがあります。(僕の場合は。)

やはり、紹介してきたように自分なりに設けたルールなどで集中せざるを得ない状況を作り上げることで、モチベーションが高かろうが低かろうがコンスタントに仕事に集中できるようにすることが大事なのではないかと思います。