INONOMAD管理人のプロフィール

この記事では、当ブログ「INONOMAD」の運営者である僕が何をやっている人なのか、どうして海外でフリーランス生活を送っているのかについて書いていこうと思います。

基本情報

  • 性別:男
  • 年齢:27歳
  • 出身地:茨城県
  • 生息地:トビリシ(ジョージアの首都)←数ヶ月ごとに移動
  • 仕事:フロントエンドエンジニア

フリーランスとして働きながら海外でまったりと暮らしております。

毎日、仕事をしたり勉強をしたりしつつ、たまに観光やTinderでマッチした地元の女の子とデートをする、などといった生活スタイルを送っています。

海外を旅する今の生活に至るまでの経緯

僕はもともと、食品会社の新卒社員として働くサラリーマンでした。

なのになぜ、いまは海外を旅しながらフリーのエンジニアとして働いているのか。

会社員時代から今に至るまでの経緯を書きます。

新卒で入った会社で働き続けるのが嫌だった

僕は2017年の春に理系の大学院(生物系)を卒業し、食品会社に就職しました。

しかし、会社での仕事にやりがいを感じられず、入社をして数か月が過ぎた頃から「辞めたい」と思いながらダラダラと勤務。

この会社でずっと働き続けるなんて絶対にいやだ

そう感じながらも、他にこれといってやりたい仕事があったわけでもなく、転職活動には踏み切れませんでした。

海外(主にヨーロッパ)での生活に興味があった

もともと、海外、特にヨーロッパで生活をすることに非常に興味があり、「老後はヨーロッパに移住してのんびりと暮らしたい」なんてことを夢みていました。

高校時代の友人から誘われた

当時、僕には、同じく海外に興味のある高校時代からの友人がいました。

就職して約1年が過ぎた頃、彼から、

会社を辞めて海外を旅しながらネットで稼いで生活しない?

との誘いが。

当時、僕にはこれといってフリーで稼げるスキルはありませんでした

とはいえ、海外を旅しながら生活できるなんて夢のような話ですし、ちょうど会社を辞めようか悩んでいたので、非常に迷いました。(当時、誘ってくれた友人はWebエンジニアとして稼げるスキルを既に持っていました。)

準備をするよりも、やり始めてしまった方が早いと思った

迷った結果、会社を辞めてヨーロッパに行ってしまおうと決断。

というのも、スキルが特に無くても稼げる仕事はネット上にいくらでも転がっていると思っていたのです。

会社に勤めながら空いた時間で稼げるスキルを習得したり、Web制作会社などに転職してフリーで稼げるスキルを身に付けたりする、といった選択肢ももちろんあったでしょう。

しかし、「準備から入るよりも、とりあえずやり始めてしまった方が早いし楽しいだろう」という、今思うと非常に愚かで楽観的な考えで、会社を辞めることに。

当時は「会社を辞めたい」というネガティブ感情が強く、「海外を旅しながら生活を送る」という夢のような話を前にして周りが見えなくなっていたのかもしれません。

海外へ行ってみたら、なんとか生活はできた

たいして稼げないのにヨーロッパに行ってしまおうと決断できた大きな理由は、物価が安い国であれば収入が低くても何とかなりそうだったから。

僕らが最初に滞在した場所は、セルビア共和国という、バルカン半島に位置する国で、物価は日本の半分以下

最初は、クラウドソーシングで未経験者でも受注できるWebライティングの仕事を受け、なんとか食いつなぐことができていました。

Webコーディングの勉強を始めた

ライティングの仕事で生活費を稼げていたとはいえ、物価が安い国においてさえもギリギリの収入でしたし、何よりライティングという仕事があまり好きになれませんでした

そこで、ライティングよりも収入が増えそうで、なんとなく楽しそうに思えたWebコーディングの勉強を開始。

オンラインでプログラミングを学べるサービス、プロゲートでHTML、CSS、jQueryを勉強し、クラウドソーシングでコーディングの案件へ応募してみました。

コーディングの案件をいくつか受注するも、継続受注には繋がらなかった

クラウドソーシングを経由して何度かコーディングの案件を受けることができましたが、継続的に案件を獲得することができませんでした

今考えると当たり前ですが、プロゲートでコーディングの基礎を学んだだけの初心者が、実際の案件でまともにコードを書けるわけもありません。

質の悪い成果物を納品してしまい(当時はそれにすら気づきませんでした)、クライアントとはそれっきりで、継続的にお仕事を頂くことはできませんでした。

気づいた時には、毎日必死に単価の低いライティングの案件をこなす仕事のスタイルに戻っていました。

旅生活を諦めかけていたとき、ある会社と出会った

そのような生活が続き、僕の気持ちは揺らぎ始めます。

「やっぱり、一度日本に帰ってWeb制作会社に就職するべきなのでは?」

しかし、夢みたヨーロッパでの生活を手放したくない、という思いもあり、だらだらとその生活を続けてしまいました。

そんなある日、クラウドソーシングにて、「月契約で稼働できるコーダーを募集」という依頼を発見。

「まあ、他の案件と同じく受注はできないだろうな、、」とは思いましたが、ダメ元で応募してみました。

すると、「興味が湧いたので一度ビデオ通話で話したい」との、目を疑う返答が。

すぐさま返信をし、実際にビデオ通話でその会社の社長さんと話をすることになりました。

フルリモートで働けるWeb制作会社にジョイン

話を聞いてみたところ、その会社はWebサービスの受託開発をメインとし、社員全員がフルリーモトで働くベンチャー企業。

そして、なんとありがたいことに、お話をした社長さんは、「海外で旅をしながら働く」という僕のライフスタイルにすごく興味を持っておられ、実務経験がないことも考慮した上で、「会社にジョインしないか」というオファーをくださりました

もちろん、旅をしながらの勤務もOKとのこと。

夢かと思いました。

もう海外生活は無理なのではないかと思っていたので、あの時の希望に胸が膨らむ気持ちは今でも忘れません。

迷うことなく、その会社で働かせていただくことに決めました

会社では基本的なフロントエンドの開発を担当

会社で受けていた案件は、ECやマッチングサイトなど、主にWebサービスの開発。

僕はその中で、先輩に教えていただきながらフロント部分のコーディングを担当しておりました。

具体的には、HTML5、CSS3、jQueryを用いたWebサービスの表側の実装です。

実際の開発現場でコーディングを行ううちに、

「未経験からいきなりフリーランスになるなんて、僕はなんて愚かだったのだろう。。」

と、何度も思いました。。笑

そんなこんなで、会社の案件ベースで、コーディングのスキルを実務で使えるまでに習得していくことができたのです。

会社が倒産した

ある日、朝起きると社長から、資金の不足による会社の倒産、および解散を伝えるメールが。

「〇〇株式会社は本日をもって解散となります」

文面を見た瞬間、頭が真っ白になり、出てきたのは「まじか、、」の一言。

やっと手にした、海外を旅しながらの生活。そして、Webエンジニアとしてのお仕事。

「また以前の、必死こいて仕事を獲得しながらギリギリの収入で生活するスタイルに戻るのか」

「日本に帰らないとダメだろうか」

ネガティブな感情が一気に頭を駆け巡りました。

元メンバーの方々のフォローもあり、なんとかなった

会社で共に働いていたメンバーの方々にはすごく恵まれ、皆さんから「〇〇は海外にいるけど大丈夫か!?」と心配をしていただきました。

また、本当にありがたいことに、会社に勤務する前はフリーでバリバリ活動していたメンバーも多く、その方々からお仕事を振っていただくことができたのです。

そんな皆さんのおかげで、なんとか会社が倒産してからも海外生活を続けることができました

感謝しかありません。

Web制作会社で働いて得られたこととして、もちろんコーディングのスキルはあるでしょう。

しかし、何よりも、かけがえのない大切な繋がりができたことがもっとも大きいのではないかと思っています。

会社が倒産したことは残念ですが、あの時、社長さんに拾ってもらえて本当によかったと、すごく思います。

そんなこんなで、今に至ります。

元メンバーの方々にお仕事を頂きつつ、自分でもクラウドソーシングなどで案件をとって、海外でフリーランスとして生きております

具体的にはどんな仕事をしているのか

基本的には、LPからWebサービスまで、フロントエンドのコーディングを主に案件をこなしています。

最近はWordPressの案件が多く、会社に勤めていたころはあまり触れていなかったため、日々勉強をしたり、元メンバーの先輩方にアドバイスを頂いたりしながら日々奮闘しております。

保有スキル・使用ツール

具体的な保有スキル、および普段使用しているツールは以下です。

  • HTML5
  • CSS3
  • JavaScript(Vanilla.js)
  • jQuery
  • Vue.js
  • WordPress
  • Git
  • Adobe Photoshop(簡単な編集、書き出し)
  • Adobe Illustrator(簡単な編集、書き出し)
  • Adobe XD(簡単な編集、書き出し)

これから習得したいスキル

現在、Googleが開発しているクロスプラットフォームのスマホアプリ開発用UIフレームワークであるFlutterに未来を感じ、勉強しております!

なにやら今後は1つのコードでスマホアプリだけでなく、Webアプリやデスクトップアプリまで作れるようになるらしいので、フロントエンドエンジニアとしては興味を持たずにはいられません。

とりあえず今後も海外フリーランス生活を継続していく

「この生活を今後も続けていけるのだろうか」

「日本に帰って常駐で会社に勤めた方がいいのではないだろうか」

などなど、今でも不安に思うことはありますが、とりあえず海外でのフリーランス生活を続けていくつもりです

ガチで食べれなくなったり、先が見えなくなったりするまでは。

最後に、このブログでは、海外での生活や、僕が習得した技術などについて書いていくつもりですので、興味のある方はぜひ読んでみてください!