inomady

【実体験】セルビア観光で必須な「滞在登録」の手順を解説

日本人は、最大90日間、ビザなしでセルビアに滞在することが可能です。

しかし、24時間以上セルビアに滞在する際は到着後に「滞在登録」をすることが義務付けられています。

この記事では、僕の経験をもとにセルビアでの滞在登録の手順を解説していきます。

これからセルビアに行く予定の方は、ぜひ参考にしてください。

セルビア観光で必須な「滞在登録」とは?

セルビア国内に24時間以上滞在する場合、現地の警察署で滞在登録をする必要があります。(詳しくは下記リンクを参照)

セルビア共和国大使館 東京-日本 セルビア入国-ビザ

滞在登録をした際に渡される、「滞在証明書」を持っていないとセルビアを出国できなくなる可能性が。

ホテルに泊まる場合は、「滞在登録」をホテル側が代行してくれるのですが、Airbnbなどの民泊を利用する場合は自分で「滞在登録」をする必要があります

セルビアでの「滞在登録」手順①:ホストの方と事前に話しておく

滞在登録をするには、泊まる家のホストの方と一緒に、入国から24時間以内に警察署に行く必要があります。

外国人がセルビア共和国に24時間以上滞在する場合、入国後24時間以内に滞在地を管轄する警察署に滞在登録をする必要があります。ホテルに宿泊する場合は、ホテルが代行します。知人の家などに滞在する場合は、家主と一緒に警察に出頭して登録する必要があります。

念のためセルビアに行く前からホストと連絡を取り合い、「滞在登録に同行してほしい」という旨を伝えておきましょう。

なかには外国人を宿泊させた経験があまりなく、滞在登録に関して知識のないホストの方もいます。

トラブルを防ぐためにも事前に確認することをおすすめします。

セルビアでの「滞在登録」手順②:ホストと一緒に最寄りの警察署へ

泊まる宿に着いたら、24時間以内にホストと最寄りの警察署へ行きます。

その際、パスポートは忘れずに持参しましょう。

セルビアでの「滞在登録」手順③:パスポートを提出し、用紙に必要事項を記入

警察署の窓口でパスポートを提出すると、滞在登録の申請用紙を渡されます。

そこに、

  • 氏名
  • 出身国
  • 国籍
  • パスポートナンバー
  • 滞在期間
  • 滞在先住所

などを英語で記入し、提出します。

セルビアでの「滞在登録」手順④:滞在証明書を受け取る

パスポートと記入した滞在登録申請用紙の内容をもとに、係員が滞在証明書を発行してくれます。

ちなみに、僕は滞在証明書に記入される名前を間違えられてしまいましたが、ホストの方いわくパスポートナンバーが合っていればOKとのことでした。

あとは、受け取った滞在証明書をセルビア出国時までに無くさず保管しておくだけです。

まとめ

まとめると、セルビアでの滞在登録手順は、

  1. 事前にホストに滞在登録に関して確認しておく
  2. セルビアに到着したら24時間以内にホストと一緒に最寄りの警察署へ
  3. 警察署でパスポートを提出し、申請用紙に必要事項を記入
  4. 発行された滞在証明書を受け取り、出国日まで保管

となります。

これからセルビアに行く予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。