inomady

【受講中】UdemyでFlutterのレクチャー動画を視聴した感想とおすすめ動画

僕は最近、Googleが開発しているクロスプラットフォームのアプリ開発用フレームワークである「Flutter」を習得すべく、「Udemy」でレクチャー動画を視聴しながら勉強しています。

Udemy」とは様々な分野の動画授業を手軽に購入し、視聴できるサービス。

この記事では、僕がUdemyで購入したFlutterの2つのレクチャー動画を紹介した上で、それぞれがどんな人にオススメかを書こうと思います。

Flutterを勉強しようと考えている方は、ぜひ記事を最後まで読んでみてください。

【2019年9月現在】唯一の日本語のレクチャー動画

この記事を書いている2019年9月現在、UdemyでFlutterと検索すると、日本語のコースが以下の1件しか見つかりませんでした

【3日で速習】Google Flutterによるモバイルアプリ開発入門

最初、僕は学習効率向上の観点から日本語のコースを受けると決めており、選択肢が他になかったためこのコースを購入しました。

公式ドキュメントを日本語でなぞりながら解説してくれる

上記の日本語コースの内容は、概ね、Flutter公式ドキュメントに記載の環境構築方法や簡易アプリ開発手順をなぞって一緒にやっていく、といったものです。

Flutter公式ドキュメントはもちろん英語で書かれておりますので、それを日本語で解説してくれるのはとてもありがたい。

英語が苦手な方には特にオススメです。

必要最小限の解説でスピーディーに学べる

基本、公式ドキュメントを日本語で解説しながら進めていくスタイルであり、プラスαの解説は多くありません。(あくまで記事執筆時点では)

Flutterに関する最低限の知識を短時間でインプットできるので、JavaやSwiftでアプリ開発をしていた経験がある人には合っているのかな、と思いました。

しかし、Webのフロントエンドの開発経験しかない僕にとっては、詳しい解説をせずぽんぽんと進んでしまい理解が追いつかず、途中で受講をストップしてしましました

以上の理由から、「【3日で速習】Google Flutterによるモバイルアプリ開発入門」は、

  • アプリの開発経験が多少ある
  • 英語が苦手で公式ドキュメントを読むのが嫌

といった方におすすめです。

【英語でよければこれ】超丁寧に解説してくれているFlutterの入門動画

冒頭で述べたように、この記事を書いている現在、UdemyにはFlutterの日本語コースが1つしかありません

その1つしかない日本語コースに挫折した僕は、仕方なく英語のコースを受けてみることにしました。

他の受講者からの評価やプレビュー動画を参考に選んだのが、以下のコース。

The Complete Flutter Development Bootcamp with Dart

僕にとっては、購入して大正解でした

講師のAngelaさんの英語がめっちゃ聞き取りやすい

普段、海外を旅しながら生活している僕ですが、英語をぺらぺらに話せるわけではありません。

Tinderで出会った現地の女の子と楽しく話せる程度、つまり日常会話ならあまり困らないぐらいです。

ですので最初は、未経験の技術であるFlutterを苦手な英語で学ぶのは無茶だと思っていました。

しかし、実際に動画を視聴してみると講師のAngelaさんがはきはきと分かりやすい英語で話してくれており、難なく聞き取ることができました。

とはいえ、英語が本当に苦手で日常会話ですらままならない方には流石にオススメできません。

解説がびっくりするぐらい丁寧で分かりやすい

聞き取りやすい英語に加えて、レクチー自体がめちゃくちゃ丁寧でわかりやすいです。

登場する各ウィジェット(Widget)の役割から使用するエディタの便利機能まで、細かく、詳しく、そして未経験者にもわかりやすく解説してくれており、受講していてとにかく楽しい。

解説用の図なども作り込まれているので、

いやー、よく作ったな、、このコース

と本当に思います。

まさにアプリ開発の未経験者、さらにはプログラミングの未経験者にもオススメできるレクチャー動画です。

The Complete Flutter Development Bootcamp with Dart」はこんな人にオススメ

以上の理由から、「The Complete Flutter Development Bootcamp with Dart」は、

  • 英語がそれなりに理解できる
  • アプリ開発の経験がない

といった方におすすめです。

新しい技術を学ぶ上で英語は便利なツールになる

しかしまあ、Flutterの公式ドキュメントが英語のみであることや、Udemyに日本語のコースが1つしかないという現状からも、Flutterのような新しい技術を学ぶ上で英語が理解できることはかなりのアドバンテージになるな、と改めて思いました。

ちなみに、英語のリスニング力を鍛えたいのであれば個人的にシャドーイングがオススメです。

シャドーイングとは英語の音声のすぐ後ろから追いかけて発音する勉強法

僕がお金をかけずに1年以上継続しているシャドーイングの勉強法を以下の記事で解説しておりますので、「Udemyで英語のレクチャーを受講できるようになりたい」という方はよかったら読んでみてください。